【FF14】リモートプレイでエオルゼア

 帰省先で FF14 をプレイするため PS Remote Play を試してみました。

Mac と PS5 コントローラーを持って帰省

PS Remote Play とは

 SIE が提供する PS4/5 をネットワーク越しに操作出来るサービスのこと。接続機器はパソコン、スマートフォンだけじゃなく別の PS4/5 からも操作が可能になっています。さらに PS のコントローラーをパソコンやスマートフォンに接続してプレイ出来るのでコンソールと同じような感覚でプレイ出来るように思えます。

ネットワークを利用してPlayStation®を遠隔操作することをリモートプレイと言います。

https://remoteplay.dl.playstation.net/remoteplay/lang/jp/

FF14 on PS4/5 の最大のアドバンテージ?

PSN が守ってくれる?

 FF14 はパソコンでもプレイ出来ます。寧ろ複数のウィンドウを画面上に出したりとパソコンでのプレイを前提としている感があります。ただしリモートプレイという点においては PS4/5 に軍配が上がると思っています。

 WindowsPC であれば外部からリモートデスクトップ接続し FF14 を起動する、という方法があると思いますが、そのためにはリモートデスクトップ用のポートを外部に対して開けておく必要があります。勿論パスワード等の認証を設けることは当然ですが、普段閉じているポートを開けるのですからセキュリティリスクは高まります

パソコンだと乗っ取られるかも?

 では PS Remote Play ではどうなのか。
 PS Remote Play に必要な条件は、事前に Playstation Network に PS4orPS5 を接続し、(レストモードでも)常にネットワークに接続しておくこと。パソコンのようなポート開放は必要ありません。PS Remote Play 開始時には PNS の認証が必要です。このことから恐らく PS4/5 は PSN と websocket 接続(相互接続)されており、PSN がプロキシのような役割を果たし、リモート接続する際のセキュリティの担保を肩代わりしてくれていると思われます。つまりパソコンのポート開放のようなリスクを追う必要がないということです。

品質(遅延)はどうなの?

 このような機能の場合どうしても気になるのが遅延です。いくら機能として出来ても遅延が大きすぎてまともにゲームが出来なかったら話になりません。なお PS Remoto Play では以下のように推奨していますね。

目安として、上り下りとも最低5 Mbps以上の通信速度をおすすめします。最高解像度で楽しむには、どちらも15 Mbps以上がおすすめです。

https://remoteplay.dl.playstation.net/remoteplay/lang/jp/ps5_mac.html

 独身奇族のネットワーク環境は以下のような状態でした。

接続先(PS5)
接続元(Mac)

 接続先では十分な速度が出ています。接続元は推奨値より少し早い速度でしょうか。ただし ping 値が 30ms を超えています。これはちょと心配です。

 で、やってみた感じですが、まずコントローラーの入力に対するレスポンスに遅延が多少気になりました。特にスティックの入力が顕著に感じました。これはやはり接続元の Ping 値の低さ故でしょうか。例えばキャラを思い通りのところで止めたり曲がったりするのが難しかったです。敏感な操作が必要になるようなコンテンツだとプレイは厳しい感じですね。特にゴールドソーサーの「ジャンピングアスレチック」は超絶難易度になります。ただストーリーやレベリングなどは十分にプレイ出来ました。

 画面の粗さはまったく気にならなかったです。やはりこれは接続先・元ともにネットワーク速度が推奨値以上に出ていたからでしょうか。

 独身貴族の環境しかサンプルがないので信憑性はかなり低いとは思いますが以下のことが言えるのでは?

PS Remote Play を快適に行うには
  • ネットワーク速度は接続元・先の上がり下りともに推奨値である 15 Mbps 以上が必要。
  • コントローラーの入力がシビアなゲームの場合 Ping 値も双方とも低くする。

まとめ

 一応のゲームプレイには PS Remote Play が耐えれることは分かりましたが、(殆どの場合に自分ではどうしようもない)出先のネットワーク環境の依存度が高いので高解像度・低遅延でのゲームプレイはあまり期待出来ないのが正直なところ。使い所してはデイリークエなどの軽いルーティーン作業の消化といったところでしょうか。

 今はコンソールのゲームが主流ですが、最近クラウドのゲームの話をちらほら聞きます。一定水準以上のネットワークインフラが整えば本当にどこでも同じ感覚でゲームプレイが出来る日が来るのかな。

今日の一枚

 フリートライアル最後のストーリー「蒼天のイシュガルド」に突入したところで、戦闘職のレベルが制限の 60 レベルに達してしまったので、機械工に転職しました。同じ遠距離職である弓と比較して瞬間火力がある印象。メリハリがあって楽しい。

 つか PS5 版の製品版まだですか。