それでも闘う者達へ!「ビルドダイバーズ Re:RISE」の魅力を語る!

超お久しぶりです、クレナイです。

急に見返したくなり「ガンダム ビルドダイバーズ Re:RISE」のblu-rayを購入しました。
週末一気に見直したら、改めて良い作品だったので今更ですが紹介したいと思います。

ガンダム ビルドダイバーズ Re:RISE

歴史の長いガンダム作品の中にはガンダムのプラモデル(略してガンプラ)をメインにしたビルドシリーズという作品群が存在します。

ガンプラビルダーズ(これは正式には違うかも)
ビルドファイターズ
ビルドファイターズ トライ
ビルドダイバーズ

そして本作「ビルドダイバーズ Re:RISE」はビルドダイバーズの正式な続編にあたります。

前作「ビルドダイバーズ」との関係は?

ダイバーズシリーズでは"GBN“と呼ばれるオンラインゲームの世界でガンプラを操縦し戦います。
前作はGBNという仮想世界の中に生まれた電子生命体の少女"サラ“を助けるために、主人公である"リク“達「ビルドダイバーズ」が奮戦する、という内容でした

「ビルドダイバーズ Re:RISE」はその2年後の物語になります。
過大切な人を失い、一人でGBNをさまよい続ける"ヒロト
大虚妄言を繰り返し、チームメイトから見離された過去を持つ"カザミ
現実世界で事故に遭い、トラウマを抱えた臆病な少年"パル
自分の存在意味を探し続ける謎の少女"メイ

バラバラな4人が偶然"エルドラ"という謎のフィールドに迷い込み、もうひとつの"ビルドダイバーズ”と呼ばれる所から物語は始まります。

動画配信という形態だから出来た展開

この作品はガンダムシリーズとしては始めてyoutube等の動画配信がメインでした。
世界観も"主人公を創造主様と呼ぶ獣人たち“というガンダムとしては異色のモノ。

序盤は主人公達の過去も断片的にしか語られず、話運びもかなり丁寧だっため「ガンダムでやる必要がない」「進展が遅すぎて退屈」という意見もありました。

しかし1クール終盤、GBN内の1フィールドだと思われていた"エルドラ"は"地球から遠く離れた実在する惑星“と判明、まさかの“ネトゲモノ"ではなく"異世界転移モノ"だった事が発覚しました。

今までの戦闘や生死が全て現実だと知って、それでも再び戦う事を選んだ主人公達。
ここから物語は一気に加速し、爆発的に面白くなります。

話題になってから、いつでも追いつける動画配信という形だったからこそ、最終話付近の凄い盛り上がりがあったのではないでしょうか。

本家ガンダム作品に劣らないストーリー性

この作品は"Re:RISE"の名が冠する通り、全てのキャラクターに"再起"がテーマとして組み込まれています。
バラバラで問題だらけだった4人が成長していく姿も魅力の一つです。
特に主人公に対する描写はこれでもか!というくらい丁寧に描かれてました。

ヒロトは過去に"イヴ"という電子生命体の少女を守れず離別した過去を持っており、前作主人公のifの姿としての一面を持っています。
話が進むに連れヒロトの過去が段々と明らかになり、実は前作の最終決戦にも参加していた事が判明します。

詳しくはぜひ本編を見て欲しいですが、この後付けなので前作に描写が無かった事を逆手にとった展開には呻りました。

「これから地面に叩き付ける壺の価値を丁寧に説明する話」

と称された、入念な曇らせ方と湿度の高さは最高にガンダム作品って感じです。

そして丁寧に描いたからこそ、立ち上がった後のヒロトは最高に格好いい主人公になります。
過去の経験や想いが現在のキャラクターとリンクしていく展開はパズルのピースがカチッとハマるような心地よさを覚えます。

まとめ

前作は明るく直球な、悪く言えばご都合主義なホビーアニメのお手本のような作品でした。
今作はその裏側、そしてその後を描いた事で結果的に前作の物語にも深みを与えられました。
今作から見ても話が判るように作られていますが、ぜひ前作も見て欲しい。
前作の事がさらに好きになる理想的な続編でした。

ビルドシリーズは無印のビルドファイターズを超えるものは出せないかと思っておりましたが、
個人的にはビルドダイバーズ Re:RISE は並んだかと思います。
それどころか全ガンダムの中でもかなり好きな作品となりました。

鬼滅の刃が超強かった2019~2020年ですが、自分の去年のベストアニメは間違いなくこれです。
現在は配信も終わってしまい、少し敷居が上がりましたが興味のある方はぜひ見てみてください。
ガンダム好きならば絶対に見て損ないと思います。

そして見終わった後はぜひ、OPを改めて聞いてみてください。
歌詞と物語のリンクっぷりに驚かされます。それでは!

どうやって生きてくんだっけ?
どうしたって生きてくんだよな!
戦え、僕を辞めない様に。いつか、僕を愛せるように。

アニメ

Posted by kure-nai