Amazon でガンプラの定価を表示する Chrome 拡張機能を作ってみた(只今審査中)

Chrome 拡張機能を作ってみた

 こちらが今回作ってみた Chrome 拡張機能です。下のように拡張機能のアイコンをクリックすると赤枠部分が表示されます。

赤枠部分を拡大するとこんな感じです。関連する商品とそのバンダイホビーサイトに掲載されている価格を表示します。商品名はバンダイホビーサイトのその商品へのリンクとなっています。

まだ発売もされてないガンプラが、定価 5,500 円のところ 9,000 円ですよ。これは酷い。
今回作ってみた拡張機能の概要
  • Amazon で表示しているキットの、バンダイホビーサイトに載っている定価を表示する。
  • 表示中の Amazon の商品ページのキットを特定する精度が低いのでとりあえず関連するキットを複数表示する。

ソース

 拡張機能のソースは下記です。現在 Google で審査中ですが、もし一足先に使って頂けるのであれば下記よりダウンロードしてお使いください。是非使ってください。

作ってみたわけ

 転売ヤーがガンプラ界隈を蹂躙して久しい昨今、Amazon で売り出されているガンプラはどれも定価とは掛け離れた額です。中には適正価格で売っているものもあるかもしれませんが、少なくとも私の中では Amazon の価格は信用出来なくなっています。まずは気になるキットを見かけてもまずは定価を調べる、ということを行っていました。流石にそれが面倒くさいなってきたのがキッカケです。またこの拡張機能が広まれば転売ヤー撲滅に少しぐらいは貢献出来ると思っています。

苦労したところ

 実は Chrome 拡張機能を作成は今回が初です。さらに、Chrome 拡張機能の中身は Javascript ですが、Javascript を使うのも初めてでした。なので上記でソースを公開していますが、恐らく至るところでツッコミ処があるものとなっていることとでしょう。
 Chrome 拡張機能と Javascript 、どちらも初だったわけですが、Chrome 拡張機能独自の仕様の部分が一番苦しめられたと思います。Javascript も初だったわけですが、プログラミング言語として Python はホンの少し触っていたのである程度は感覚で書くことができました。しかし Chrome 拡張機能の部分はそうは行きませんでした。しかも最近 v3 が出たらしく、ネット上の情報も v3 は少ないようで、それも苦労に拍車を掛けました。

 しかし今回の作成で、大体の仕様は理解出来たので次からはスマートに作れそう。次どんなものを作るかは分かりませんが、Chrome ブラウザは仕事でもプライベートでも使うので少しでも面倒くさい作業があれば時短のための機能を作ってみようと思います。

ちなみに

 ちなみに以下のように出品者を Amazon.co.jp とすれば検索すれば、全て定価もしくは割引価格の、転売ヤーで汚れていないガンプラを探すことが出来ます。検索のリンクはこちら→ amazon.co.jp
Amazon.co.jp 以外の出品者でも適正価格で売っているところがあるかもしれませんが…

参考サイト